秦氏千年の計3 世界中が『オオカミ信仰』を持っている

 まず、秦大津父はたのおおつちはオオカミをたっとい神』と言っていますが、

 欽明きんめい天皇は、これを受け入れておられます。
 

 日本で野生の犬を「オオカミ」と呼ぶのは、

野生の犬が『大いなる神』であると、認められていたからに他なりません。
 

 犬やオオカミを特別視する文化は、

 モンゴル人が自分たちの祖先をオオカミとする、

 「あおき狼ボルテ・チノ」と妻「惨白あわじろ牝鹿めすじかコアイ・マラル」の、『モンゴル秘史』が有名です。

 これは、オオカミをトーテム「部族・氏族・血族と信仰的に関係の有る、動物・植物・自然物など、一定の理論性を持つ団結の象徴」

 とする、モンゴル人の伝説です。
 

 ウイグル人もまた、

 「半死半生の男をめすオオカミが助け、その間に生まれた子供がウイグル人の始祖」と、していたり、

 オオカミがウイグル人を先導する物語など、独自のオオカミ伝承を持っています。
 

 日本の漢文学者で東洋学者の白川 静しらかわ しずか 先生によると、漢字の『家』と言う文字は、

生贄いけにえとしてささげられた『犬』と、先祖をまつ神聖しんせいな建物を表す「うかんむり」『宀』を合せた物なのだそうです。

 漢字が誕生する以前の古代文字である「卜辞ぼくじ金文きんぶん」が使用された、

いんしょう)(紀元前17世紀頃ー紀元前1046年)」や「しょう(紀元前1046年頃ー紀元前256年)」の時代、

『犬』は、その血をもってはらい清める儀式が行われるほどの呪力じゅりょくゆうする特別な動物で、王墓おうぼの要所には必ず『犬』も「魔除け」として埋められていました。

 そこから『家』を建てるさいにも土地神とちがみしずめるため、神聖しんせいたっとい動物『犬』を生贄いけにえとして埋めて、地鎮じちんとしたのです。
 

アヌビス神
モデルとなる動物は「ジャッカル」か現在は絶滅してしまったイヌ科の動物、もしくは想像上の動物
 

死者のミイラを造るアヌビス神像

墓所にたむろする野犬たちが墓所を守っているように見える処より、又は亡き飼い主の遺体から離れぬ犬の忠誠心を見て死者を護っていると考えた。それがアヌビス神の原型ではと思われる。

 
 エジプト神話には、様々な動物のトーテムを持つ神々が登場します。その一神、

 ミイラづくりの神「アヌビス神」は、黒い犬またはジャッカルの頭部の半人半獣か、犬・ジャッカルそのものの姿で現されました。
 

 ケルト神話では、半神半人の英雄『クー・フーリン』の名前の由来が「クーの番犬」ですし、

 ヨーロッパの最も古い英文学の一つ、叙事詩じょじし『ベーオウルフ』は、「ウルフ」オオカミの名を持つ英雄王の物語なのです。
 

 ローマ建国神話の「ロームルスとレムス」の双子も、めすオオカミの乳を飲んで育ちました、

このように、犬やオオカミを特別視する文化は、世界中に広く分布しています。
 

 渡来人である秦氏はたしも、その信仰を持ち、

そして同じような考え方が日本にも有ったため、秦大津父はたのおおつちが云う事に、

 欽明きんめい天皇は「それは何か良いことが有るでしょう。」と言われましたし、また良いことが有るであろう秦大津父はたのおおつちを、重用ちょうようされる事によって、

 その「良いこと」が天皇家に、しいては日本に「良いこと」と成るよう、お考えになられた訳です。
 

 次→ 

秦氏千年の計4 日本の『オオカミ信仰』

 ←戻る

秦氏千年の計2 欽明きんめい天皇と秦大津父はたのおおつち

 関連記事

【生の無限性むげんせい】アポロンとディオニュソスの二男神が、日本ではアマテラスとアメノウズメの二女神になる!!【生の有限性ゆうげんせい】(壱の巻)

捨身飼虎しゃしんしこ1【神の中立】と【仏の共感】

アマビエと『まれびと』信仰1

いつもありがとうございますm(_ _)m
                  
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識(歴史)へ
歴史の豆知識(歴史)にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA