秦氏千年の計43 縄文人にとっての「サナギ」

 「常世物とこよもの このたちばなの いやりに わご大君おおきみは 今も見るごと

大伴家持おおともの いえもち萬葉州まんようしゅう』巻18ー4063
 

 常世物とこよものたちばな古名こめいで、たちばなの葉が常緑じょうりょくである処よりそう呼んだと云われますが、そのたちばなに付きさなぎに成って完全変態かんぜんへんたいするの幼虫を、

 皇極こうぎょく3年(644年)7月、駿河するがの国は不尽河ふじがわ富士川ふじがわ)の辺りに居る、大生部 多おおうべの おおなる者、

常世の神と こ よ  かみしょうし「これをまつれば、まずしき人はとみいし人は若返わかがえる」とて、
 

 民衆みんしゅうまどわし、金品きんぴん喜捨きしゃさせて破産する者、多数におよぶも、

 人々はそのの幼虫を台座に安置だいざ  あんちし、家財かざい寄付きふして讃え崇たた  あがめて、往来おうらいでは御馳走ごちそうを振る舞い、

歌い舞い踊りて恍惚こうこつとなり、富と若さがおとずれるのを待ったと云う。
 

 やがてこの常世の神と こ よ  かみしょうする新興宗教団体しんこうしゅうきょう だんたいむしの騒動が、みやこの周辺にもおよび来て、私財しざいを失う人々があらわ世情せじょうみだすと、

 秦河勝はたの かわかつはこれを懸念けねんし、民衆みんしゅうまどわす者として大生部 多おおうべの おお討伐とうばつし、騒ぎの鎮圧ちんあつに当たりましたので、時の人が、
 

 「太秦うつまさは かみともかみと 聞え来る 常世とこよかみを きたますも」

 太秦うずまさ秦河勝はたの かわかつが、神の中の神と云われていた常世とこよかみを、らしめたよ。

 と歌い伝えました。
 

かいこ描画びょうが昆虫こんちゅう
 

図473・おす  図474・めす  図475・幼虫ようちゅう  図476・まゆ  図477・さなぎ

 
 さなぎ、詰まりまゆからはシルクも取れますから、アマテラス大御神おおみかみの幼虫であるかいこを飼っていましたし、天皇陛下てんのうへいか御内儀ごないぎにあらせられる皇后陛下こうごうへいかも、

かいこを飼い、シルクつむぎ、絹織物きぬおりものって居られます。

 このまゆを着て常世とこよの国より流れて来られし神が、小さきスクナビコナの神です。
 

 また、

神 伊かむ い 邪那美ざなみ
神 伊かむ い 邪那岐ざなぎ

 これが古事記こじきに書かれた神々の、お母さん・お父さんである、イザナミとイザナギの元々の表記です。

 神 伊かむ い は聞いた事が有る方も居られるでしょう。

 そうです、アイヌ語に出て来る「カムイ」の事です。
 

 アイヌは13世紀始め、モンゴル帝国と組んだニヴフ(ギリヤーク)との戦争に敗れて大陸を追われ、縄文じょうもん語文化圏へやって来た人々ですが、

古事記こじきは縄文語で書かれていますので、古事記の完全口語訳本は、金田一京助きんだいち きょうすけのアイヌ語研究を例に上げ、現代語訳されています。

 詰まり、

カム イ ザナミ
カム イ ザナギ

 と、神々の、お母さん・お父さんの名前は構成されていて、「ザナミ・ザナギ」はさなぎのことです。

 古代、縄文時代の人々にとって、完全変態かんぜんへんたいする「虫」の不思議は、神々の、お母さん・お父さんの名前にふさわしかったのでしょう。
 

 そして、白山はくさん神社系にまつられる神は、神々の、お母さん・お父さんである、「イ ザナミ・イ ザナギ」と、

日本書紀にほんしょきで彼らの夫婦喧嘩を仲裁した神、ククリヒメが御祭神ごさいじんなのですが、

 この白山はくさん神社の神器しんきが「サナキ」さなぎです。
 

 次→ 

秦氏千年の計44 額田王ぬかたの おおきみを巡る天智てんぢ天皇天武てんむ天皇、そして持統じとう天皇

 ←戻る

秦氏千年の計42 弥勒菩薩みろくぼさつとダビデ神社

 関連記事

崇仏論争すうぶつ ろんそう・関連資料

【生の無限性むげんせい】アポロンとディオニュソスの二男神が、日本ではアマテラスとアメノウズメの二女神になる!!【生の有限性ゆうげんせい】(壱の巻)

捨身飼虎しゃしんしこ1【神の中立】と【仏の共感】

アマビエと『まれびと』信仰1

いつもありがとうございますm(_ _)m
                  
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識(歴史)へ
歴史の豆知識(歴史)にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA