捨身飼虎

捨身飼虎しゃしんしことは、『ジャータカ(釈迦として生まれる前の前世のお話し。人や動物として生を受け、人の食物になるなどした物語)』などに説かれる釈迦の前世の一話。
釈迦の前世である薩埵さった王子が、飢えた母虎とその7頭の子虎のために、自らの身を投げて肉体を食べさせ虎の命を救った。

Google検索 捨身飼虎2【神の中立】と【仏の共感】

いつもありがとうございますm(_ _)m
                  
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識(歴史)へ
歴史の豆知識(歴史)にほんブログ村