アマビエ、熊本県沖に出現!

画像『京都大学所有、京都大学附属図書館収蔵』
弘化3年4月中旬(1846年5月上旬)「アマビエ、熊本県沖に出現!」を報じる瓦版。

 クリックで画像へ
 

 江戸時代後期、弘化3年4月中旬(1846年5月上旬)のこと……

 肥後の国、熊本県の海中に毎夜光る物が出る。役所で調べたところ、図のような者が現れた。

「私は海中に住む、アマビヱと言う者です。今年から6年間、諸国は豊作になるでしょう。ただし、疫病の流行がありますから、私の姿を写して早く人々に見せなさい。」

 と言い残し海中へ入ってしまった。

右は写した役人が、江戸へ申し来たその写しである。弘化三年四月中旬
 

アマビエ様、アマビエ様
 私どもをどーか疫病よりお救いください

( ノ;_ _)ノ はは~

 
 関連記事

アマビエ、関連資料

アマビエたち奇数足の特異性1

アマビエと『まれびと』信仰1

いつもありがとうございますm(_ _)m
                  
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識(歴史)へ
歴史の豆知識(歴史)にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA