お勢登場より 2

 
 『東京シティエアターミナル』も近い『水天宮すいてんぐう通り』の水天宮を右に観ながら『人形町にんぎょうちょう』が在る交差点を『茅場町かやばちょう』方面へ行けば、

文豪 谷崎潤一郎たにざきじゅんいちろうも神楽を楽しんだ銀杏いちょう八幡宮の前を通り過ぎ『鎧橋よろいばし』を渡ると、

 『東京証券取引所とうきょうしょうけんとりひきじょ』と道を挟んだ真向かいの橋詰に御座おわすお地蔵様に手を合わせた。
 

 『茅場町かやばちょう兜町かぶとちょう』は証券街で株式市場の開く平日ともなれば、地下鉄メトロ茅場町駅の乗降客もあいまって先を急ぐ証券マンとすれ違わぬことなど無い平成通りには、

ここ一帯の鎮守様ちんじゅさま『日本橋 日枝神社ひえじんじゃ』の、ビルに囲まれた参道が左に見えて来る。

 再開発もいちじるしいこの界隈かいわいの、

大正12年(西暦1923年)9月1日、関東大震災に襲われ、設けられし『永代通えいたいどおり』は皇居大手門へ通ずる主要道路となった。

 その交差点を右折し『東京駅』方面へと文代ふみよは歩いて行く――――
 

 かつて『楓川かえでがわ』だった名残りの暗渠あんきょに架かる『千代田橋』を越え『首都高1号線』をくぐれば『昭和通り』との交差点は近い、

 左へ行けば京橋だが文代ふみよはふと思い立ち……

 『永代通り』を真っ直ぐ行くことにした。
 

 程なく地下鉄メトロ『日本橋駅』とも通ずる『COREDOコレド 日本橋』は右へかまえていて、

 彼女は何時ものようにその中へ入って行くと、

日枝神社の御祭礼ごさいれい、神田祭と共に天下祭が一つ『山王祭』の御神輿が展示された店内に、食欲そそる香ばしい匂いがのぼってくる、地下のパン屋だ!

 しかし今日はそれをほうっておいて『永代通り』と『中央通り』の交わる日本橋交差点へと出た。
 

 左は『高島屋』『丸善』、その先が京橋そして銀座が在り、右を見ると寝具の『日本橋 西川』の大弾幕おおだんまくが風にふわりなびいたその先は、

 まぶしくの当たる『首都高速C1都心環状線としんかんじょうせん』に上げられた『日本橋』の文字にさそわれて、

 「お江戸 日本橋を渡ってみよう。」
 

 平成11年(西暦1999年)国の重要文化財じゅうようぶんかざいに指定された『日本橋』の古い石畳を渡りきり、

文代ふみよが『日本橋室町むろまち』へ入ると、関東大震災で築地に移転するまで、百万人都市江戸の食を支えた『日本橋魚河岸にほんばしうをがし』の、

鰹節かつおぶしの『にんべん』や、海苔のりの『山本海苔店』など、老舗しにせが今ものきを連ね当時の活気を伝える。
 

 『COREDOコレド 室町』は『福徳ふくとくの森』へと人々を導き、

清和せいわ天皇の御代みよすでに御鎮座ごちんざましましていたと伝えられる朱の鳥居の『福徳神社ふくとくじんじゃ』が、幾度いくたびの火災からここに復活したのだ。

 提灯ちょうちんがる『新浮世小路しんうきよしょうじ』を『中央通り』へ出て、文代ふみよが信号待ちをしていると、

 向かいの『COREDOコレド 室町テラス』は2階に台湾の『誠品生活せいひんせいかつ』日本一号店が開店している。
 

 そのすみのビルのむねかかげられた、東洲斎とうしゅうさい 写楽しゃらく 作『市川鰕蔵いちかわゑびぞう竹村定之進たけむらさだのしん』の堂々たる大首絵おおくびえが、

 一階の美術商の店名を現していた。
 

 次→ 


お勢登場より 3

 
 ←戻る

お勢登場より 1


 
お勢登場より 1

お勢登場より 2

お勢登場より 3

お勢登場より 4

お勢登場より 5

お勢登場より 6

お勢登場より 7

お勢登場より 8

お勢登場より 9

お勢登場より テキスト読み上げ動画
 


お勢登場より

いつもありがとうございますm(_ _)m
                  
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
ライトノベル(小説)にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA