秦氏千年の計35 道臣命 ファースト忍者

 およそ歴史に「忍者」と言える者が初めて登場するのは『神武じんむ東征とうせい』、もしくは、  日向ひむかより大和やまとへ遷都せんとする『神武じんむ東遷とうせん』に際し活躍した「道臣命みちのおみのみこと」が最初となりましょ …

秦氏千年の計34 声なきに聞き 形なきに見る

 明治10年(1877年)1月11日、かつて薩摩と呼ばれた鹿児島に川路利良かわじ としよしの許可の元、鹿児島出身の中原尚雄なかはら なおおら警視庁職員24名が帰郷ききょうします。  西郷さいごうと共に下野げやした谷口登太 …

秦氏千年の計33『大警視』川路利良

 織はとり・服部はとりの衣服に関わる渡来系技能者とらいけいぎのうしゃの中に、服部はっとりを名乗り「謀術ぼうじゅつ」を用もちいる忍者が混ざっていて、日本に対し何らかの忍者活動を仕掛けていたのか、  それとも、徐福じょふくが …

秦氏千年の計16 中国共産党の策謀で戦わされる日本と中国国民党

 昭和47年(1972年)9月29日、訪中した現職の内閣総理大臣である田中角栄たなか かくえいは、周恩来しゅう おんらい 首相と共に日中共同声明を発表し、 日本は中華人民共和国ちゅうかじんみんきょうわこくとの間に国交を樹 …

秦氏千年の計15 能力の低下が招いた敗戦

▲日清戦争にっしんせんそうは、明治27年(1894年)7月25日から、明治28年(1895年)4月17日にかけて、9ヵ月間。  清しん王朝との間で起こった、近代日本にとって初めての世界戦争で勝利します。   ▲日露戦争に …

秦氏千年の計6「二頭のオオカミ」日本国と倭国

 では、秦大津父はたのおおつちの云う、  『二頭のオオカミが血を流し争う』とは、何を意味しているのでしょうか?    第26代、継体けいたい天皇(在位507年ー531年)の御代みよ、朝鮮半島の日本領である南加羅ありひしの …