【マンション】事情に詳しい理事が辞めていくのを待ってる悪徳管理会社と『談合』するマンション管理士【乗っ取り】その3

 3つの問題点。

①マンション管理士が業者と談合だんごう
②管理会社のマンション乗っ取り
③又貸しブローカーの暗躍あんやく

 

  その3
 

 有印私文書偽造ゆういんしぶんしょぎぞうは『オレオレ詐欺』など特殊詐欺で使われ

 今、問題になっており詐欺罪で逮捕もある犯罪です。

 最初に追い出された受験生が「隣はずっと部家に居る」と言っていたのが思い出されます。
 

 ーー私は推理しました。

「これは、【引きこもり】専門のブローカーが居るのではないか?」とーー
 

 私は【引きこもり】の事を調べました、そして分かった事は【引きこもり】には、入院し続ける程ではない軽い精神疾患患者が多いのです。

それで部屋から出ず【引きこもり】と為っている訳ですね。

 精神疾患患者なら「虫が居る!」と騒ぎ立てたり、騒音で近所とトラブルになったのも、これでつじつまが合いました!
 

最近こんな事件が有ったのを、皆様は記憶しておられるでしょうか?

 2019年6月1日、父親の『元事務次官』による長男殺害事件が起こりました。
Google検索

 2019年5月25日、独り暮らしをしていた長男は近隣とトラブルになり、実家に戻ってきています。
長男は当然の如く【引きこもり】ゲームなどをしていました……

 2019年6月1日、近隣の小学校の声がうるさいと怒り出します。

2019年5月28日、川崎市で通り魔事件が起こっている状況でした。

 父親の『元事務次官』は、刃物で長男を殺害します。
 

まとめてみましょう。

① 長男は、独り暮らしの時からゲームやSNSにはまっていて、無職だった。

② トラブルを起こしていて、部屋を退去せざるを得なかった。

③ 実家に戻っても早速トラブルとなり、憂慮ゆうりょした『元事務次官』の父親に殺された。

④ 元々、実家でも親に暴力をふるい暴れていた。

⑤ トラブルを起こしていた長男は、発達障害と診断され、父親は独り暮らしのアパートに薬を持っていっていた。

⑥ 『元事務次官』である父親の裁判に、トラブルを起こしていた長男の主治医が出廷した。
 

 まず、ここで見ていきたいのは。

 無職の発達障害患者が、部屋を借りて独り暮らしをしていた事実ですーー
 

 次→ 

【マンション】事情に詳しい理事が辞めていくのを待ってる悪徳管理会社と『談合』するマンション管理士【乗っ取り】その4

 
 ←戻る

【マンション】事情に詳しい理事が辞めていくのを待ってる悪徳管理会社と『談合』するマンション管理士【乗っ取り】その2


【マンション】事情に詳しい理事が辞めていくのを待ってる悪徳管理会社と『談合』するマンション管理士【乗っ取り】その1


 
 関連記事

【又貸し】マンションにおける管理会社の『理事会乗っ取り』とマンション管理士の『談合』【違法民泊】

いつもありがとうございますm(_ _)m
 
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産(住まい)へ
土地・不動産(住まい)にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA