【マンション】事情に詳しい理事が辞めていくのを待ってる悪徳管理会社と『談合』するマンション管理士【乗っ取り】その4

 3つの問題点。

①マンション管理士が業者と談合だんごう
②管理会社のマンション乗っ取り
③又貸しブローカーの暗躍あんやく

 

  その4
 

 まず、ここで見ていきたいのは。
無職の発達障害患者が、部屋を借りて独り暮らしをしていた事実ですーー

 家賃は親が払っていたのでしょう。
 ここまでは予想が付きます。

しかし、無職の彼が如何いかにして部屋を借りられたのかが問題なのです。
 

 ここで知って置きたいのは、不動産会社が部屋を貸す相手の基準ですね。

不動産会社が部屋を貸す際、「一ヶ月間」の就業を調べます。これはアルバイトでも良いことになっています。

 実はこの時、簡単に電話をかけて会社に籍が「一ヶ月間」有るのかどうかだけを確認します。就業実態など見ません。
 

 皆様、就職した後「体調を悪くした」などと言えば、例え一度も就業せず休んでいたとしても、一ヶ月間くらいなら会社は退職などさせません!

詰まり、就業実態が無くても部屋が借りられてしまう訳です。
 

 私が経験した、問題の有る住人に話しを戻すと。
一ヶ月間、コールセンターに籍を置いていた事になっていましたが、

部屋を借りてしまうとすぐ、「自分は自営業者だ!」と言い出しました。

 そして、例の不動産関係者が使用するキーボックスをドアノブに掛けて、何時もは部屋に誰も居ないかのように偽装するのです。
 

 この『職業を偽装する違法な借家契約』例を二度経験しています。
一度目は、私が管理をしていたので管理者権限を持っていますから、

 警察には、オーナーから委任して頂いた上で「脅迫ではないか」と相談。
 不動産会社には「職業偽装の有印私文書偽造ゆういんしぶんしょぎぞうではないか」と言っておりました。
 

 問題住人は契約更新出来ない状態となり、更新しないまま3ヶ月ほどは居ましたが、

 最終的には退去しています。
 

 次→ 

【マンション】事情に詳しい理事が辞めていくのを待ってる悪徳管理会社と『談合』するマンション管理士【乗っ取り】その5

 
 ←戻る

【マンション】事情に詳しい理事が辞めていくのを待ってる悪徳管理会社と『談合』するマンション管理士【乗っ取り】その3


【マンション】事情に詳しい理事が辞めていくのを待ってる悪徳管理会社と『談合』するマンション管理士【乗っ取り】その1


【マンション】事情に詳しい理事が辞めていくのを待ってる悪徳管理会社と『談合』するマンション管理士【乗っ取り】その2

 
 関連記事

【又貸し】マンションにおける管理会社の『理事会乗っ取り』とマンション管理士の『談合』【違法民泊】

いつもありがとうございますm(_ _)m
 
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産(住まい)へ
土地・不動産(住まい)にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA