不動産投資1 コロナ蔓延による飲食店閉店の影響が不動産売買に見えてきた

コロナ蔓延による飲食店閉店の影響が不動産売買に見えてきた

 
 或る東京の観光地域で、コロナ蔓延による観光客の激減から飲食店の閉店が起き、

飲食店から家賃収入の無くなった一棟商業ビルオーナーが、銀行への月々のローン返済が厳しくなった結果、

 ローンを一括完済するため、一棟商業ビル売却が出だしています。
 

 いまだ不動産価格は高水準を推移しており、そうした判断に出た物と思われます。
 

 このような一棟商業ビルを購入するために、状況を知る銀行がローンを組ませてくれるかは不明ですが、

購入した場合、物件をどのような業態へ賃貸ちんかしすれば良いのか?

 考えて行かなければならないでしょう。
 

 東京の別の商業地域では、コロナ蔓延から経営に見切りを付けた日本人ビルオーナーが売り出した一棟商業ビルを、

 海外資本が購入する場面も見られ、

 ご存知の方々も御座りましょうが、北海道では『不動産バブル』の様相をていする地域もある程です。
 

 ただし、コロナ蔓延の影響や香港情勢が、どのような形で出てくるのかは分かりません。

 安定した月々の賃料のために、

また何か気付きましたらココへ書かせて頂きます。
 

 関連記事

【又貸し】マンションにおける管理会社の『理事会乗っ取り』とマンション管理士の『談合』【違法民泊】

【マンション】事情に詳しい理事が辞めていくのを待ってる悪徳管理会社と『談合』するマンション管理士【乗っ取り】その3

いつもありがとうございますm(_ _)m
                  
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産(住まい)へ
土地・不動産(住まい)にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA