【生の無限性】アポロンとディオニュソスの二男神が、日本ではアマテラスとアメノウズメの二女神になる!!【生の有限性】(弍の巻)

 【アマテラス】大御神おおみかみは『天空』のタカマガハラに『女性社会』・『母系社会』を構築していたと言える。

そして【アマテラス】を含む神々の母であり、火の神を産んだ火傷が元で他界たかいした【イザナミ】べる『大地』の地下世界も、黄泉醜女よもつしこめの『女性社会』だったのだ。

日本では二柱の母神が『母系社会』を、『無限むげん』の『天空』と、『有限ゆうげん』たる『大地』の底、両方に設置した。

 
 ケルトにおける地下世界は、まるで楽園の如き『女性社会』が形成されている。

アーサー王物語でも、致命傷を追ったアーサー王は、9姉妹だけの恵みの島アヴァロンで傷を癒しているのだが、
女性主義のプロパガンダではないかと議論になるそうだ。

 
 しかし日本で私が、
「【アマテラス】と【イザナミ】は『女性社会』を形成していた」と言ったとして、否定する者が居るだろうか?

『即位の礼』『大嘗祭だいじょうさい』を終えられた天皇皇后両陛下は、伊勢神宮にご報告あそばされる『親謁しんえつの儀』にのぞまれた。
 

東京大神宮『天照皇大神・豊受大神』


東京のお伊勢さま 東京大神宮 令和二年2月9日(2020年)

 
 伊勢神宮には、皇祖こうそにあらせられる、【アマテラス】大御神おおみかみ内宮ないくうに、

そして外宮げくうには、『天女の羽衣はごろも伝説』をお持ちの「日毎ひごとかてを私たちにお与えくださる御食津神みけつかみ」【トヨウケ】大御神のおおみかみがお祀りされている。

 伊勢神宮は、二柱の女神を中心に構成されているのだ。

詰まり伊勢神宮とは、【アマテラス】の『女性社会』・『母系社会』を、『大地』で体現させた施設と言えるのである。
 

 このように【アマテラス】大御神おおみかみが、女神の【アメノウズメ】・【イザナミ】・【トヨウケ】、男神ではスサノオニニギなど、

複数の神々と対応される、神道(かんながら)における最高神である事実を疑う者など居ないであろう。

 そして、【アマテラス】の母系に内包された『天皇』を形成する皇祖皇宗こうそこうそうとしての、
息子を『大地』へ降臨させた聖母としての性質は、正に【永遠無限えいえんむげん】の真実なのである。
 

 ←戻る

【生の無限性むげんせい】アポロンとディオニュソスの二男神が、日本ではアマテラスとアメノウズメの二女神になる!!【生の有限性ゆうげんせい】(壱の巻)


 
 関連記事

東京のお伊勢さま 東京大神宮 令和二年2月9日(2020年)

秦氏千年の計1 ザビエルより前に日本へ来ていたキリスト教

いつもありがとうございますm(_ _)m
                  
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識(歴史)へ
歴史の豆知識(歴史)にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA