【大山咋神】「山王信仰を利用するは我にあり!」霊的支配と徳川一族の野望!!【日枝神社】(参の巻)

3.徳川が名実ともに支配者となるその秘策ひさくとは?!

 徳川将軍家が家紋『丸に葉葵ばあおい』は、

賀茂神社かもじんじゃの氏子となった松平親氏まつだいらちかうじが、賀茂神社の御神紋ごしんもんにあらせらる葵紋あおいもんを、

 松平まつだいら氏・徳川とくがわ氏の家紋《かもん》としたためと伝えられている。
 

 踊念仏おどりねんぶつ遊行上人ゆぎょうしょうにん一遍いっぺん上人しょうにんおこした、時宗じしゅう捨聖すてひじりへと身をやつし、

永享えいきょうの乱に敗れた、長阿弥ながあみこと清和源氏せいわげんじ末裔まつえい世良田有親せらだありちかは、

流浪の果てに、子の徳阿弥とくあみこと世良田親氏せらだちかうじ共々、ここ賀茂神社かもじんじゃが御神領地にあらせられる、三河国みかわのくに加茂郡かもぐん松平郷まつだいらごうへと辿り着く。
 

 領主で藤原氏の松平信重まつだいらのぶしげが、徳阿弥の武勇と和歌に魅了され、我が娘の婿と望んだのは言うまでもないことであった。

 還俗げんぞくした親氏ちかうじは、世良田せらだ氏を松平まつだいら氏へと改め。

ここに、松平まつだいら太郎左衛門たろうざえもん親氏ちかうじが誕生したのだ。彼こそが、松平まつだいら氏・徳川とくがわ氏の始祖とされる。
 

赤坂 日枝神社『表参道 男坂』銀杏落ち葉舞う


赤坂 日枝神社 令和元年12月31日(2019年)

 
 これは、松平信重まつだいらのぶしげの娘婿になった親氏ちかうじを、賀茂建角身命かもたけつぬみのみことの娘婿になった大山咋神おおやまくいのかみに、

徳川家康か、家康を東照大権現とうしょうだいごんげんとして奉った天海てんかい大僧正。もしくは親氏ちかうじ自身がなぞらえた物ではないだろうか?
 

 徳川将軍家とくがわしょうぐんけ産土神うぶすながみが、日枝大神ひえおおかみ大山咋神おおやまくいのかみなのも、家紋かもん葵紋あおいもんなのも、

全ては、神武東征じんむとうせいに御活躍された金鵄八咫烏きんしやたがらすこと賀茂建角身命かもたけつぬみのみことの娘婿に、徳川始祖『親氏ちかうじ』を置き換えることで、徳川将軍家とくがわしょうぐんけの正当性と成し、

 「とらきつね」ならぬ、

 天皇家の御威徳ごいとくたぬきとなり、人心じんしん霊的れいてきにも掌握した結果。

260年もの永きに渡る、長期支配を完成させたのであった。
 

 ←戻る

【大山咋神】「山王信仰さんのうしんこうを利用するは我にあり!」霊的れいてき支配と徳川一族いちぞくの野望!!【日枝神社】(弐の巻)

【大山咋神】「山王信仰さんのうしんこうを利用するは我にあり!」霊的れいてき支配と徳川一族いちぞくの野望!!【日枝神社】(壱の巻)

 関連記事

赤坂 日枝神社 令和元年12月31日(2019年)

いつもありがとうございますm(_ _)m
                  
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識(歴史)へ
歴史の豆知識(歴史)にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA