秦氏千年の計26 戦国武将からの手紙

 女性の権力は徳川幕府の朱子学しゅしがく政策の中で低下しますが、

戦国のにあって絶大な影響力をゆうする女性たちが居ましたし、その女性たちと関係が深いとの周辺へのアピールは、

戦国武将にとって重要な政治戦略上の鍵でした。
 

 豊臣秀吉とよとみ ひでよしと、のちの「北政所きたのまんどころ」であるねいねねとの結婚は、永禄えいろく4年(1561年)のことです。

 清洲城主きよすじょうしゅ 織田信長おだ のぶなが足軽組頭あしがるくみがしらの娘であったねい13歳、同じく織田信長おだ のぶなが足軽あしがるであった秀吉ひでよし24歳、当時としては非常に珍しい恋愛結婚でした。
 

織田信長おだ のぶなが


手紙は代筆だが、ねいが安土城に持参した土産への礼や、お返しがしたいむねも丁寧に書かれている。

 
 天正てんしょう9年(1581年)、織田信長おだ のぶなが秀吉ひでよしの妻となったねい あてに、一通の手紙をしたためます。

 「貴女あなた美貌びぼうもこのまえ会った時より、10の物が20へなる程に美しくなっている、
 それなのに秀吉ひでよしが何か不足を言っているとか、非常に、け・し・か・ら・ん 事だ!
  どこを探しても貴女あなた 以上の女性を二度と、あの“禿はげねずみ”が、見付けることなど出来ないのだから、
 正妻らしく堂々と上手にあつかえば良いのだ。

  追伸、
 この手紙を秀吉ひでよしにも見せること。天下布武てんかふぶ
 
 
 これは、秀吉ひでよしの浮気グセをねいが相談した、信長のぶながによる心遣こころづかいの手紙でした。

 最後に押してある、天下布武てんかふぶの朱印は、信長のぶながの認めた書面にのみ押される物ですから、この手紙が正式な文書である証となります。

 親方様おやかたさまよりのこの手紙を見た秀吉ひでよし恐縮きょうしゅくする様子が、皆様の目にも浮かぶのでは無いでしょうか。
 

 一方、恋愛中 当時の、ねいへ送った秀吉ひでよしのラブレターは流石に残っていませんが、後年の物は30通程が残っており、それはとても熱烈な物で、
 

 「貴女あなたからこのごろ手紙が来ないので、心配になって私から出します、貴女あなたからの返事を心待ちにしていますね」とか、

 「今とても忙しい最中ですが、どうしても貴女あなたに手紙を書きたくなって、筆をとってしまいました」とか、
 

 どこかのお店の営業メールのような、

実は側室そくしつの、織田信長おだ のぶながめいであるよどと一緒に、北条氏ほうじょうしを攻めるために小田原おだわらに居るんだけれども、筆まめな秀吉ひでよしは、

 「一番“合う”のは、もちろんねいお前だ! 次がよどです……」などと書いています。
 

 あれ程に筆まめだった秀吉ひでよしからの手紙が突然、ねいに届かなくなります。
 

 「のう稽古けいこいそがしく、何度も手紙をもらいながら返事は書けなくて――――」

 これが、ねいへ届く秀吉ひでよしからの最後の手紙となりました。

 よどとの間に、秀吉ひでよし跡継あとつぎとなる秀頼ひでよりが、生まれていたのです。
 

 次→ 

秦氏千年の計27 宗教を政争せいそうにする人々

 ←戻る

秦氏千年の計25 方広寺ほうこうじ鐘銘しょうめい事件

 関連記事

ねい ねね・関連資料

【生の無限性むげんせい】アポロンとディオニュソスの二男神が、日本ではアマテラスとアメノウズメの二女神になる!!【生の有限性ゆうげんせい】(壱の巻)

捨身飼虎しゃしんしこ1【神の中立】と【仏の共感】

アマビエと『まれびと』信仰1

いつもありがとうございますm(_ _)m
                  
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識(歴史)へ
歴史の豆知識(歴史)にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA