旧唐書 日本国伝

 『旧唐書くとうじょ』巻一九九上 列伝れつでん第一四九上 東夷とうい日本国伝にっぽんこくでん

日本国者倭国之別種也。以其国在日辺、故以日本為名。
或曰、倭国自悪其名不雅、改為日本。或云、日本舊小国、併倭国之地。
其人入朝者、多自矜大、不以實對、故中国疑焉。
又云、其国界東西南北各数千里、西界南界咸至大海、東界北界有大山為限。山外即毛人之国。
 

 日本国は倭国わこくの別種である。

 「その国は、お日様のほとりに在るので、『日本』と名付けました。」
 あるいは言っている、「『』は「身を曲げて低く」の意味でみやびじゃない悪い名前だから自分で『日本』に変えました。」
 あるいはこう言っている、「『日本』は小さいふるくからの国で、倭国わこく九州の地を併合へいごうしました。」

 そのとう王朝へ入った日本人は、多くが自分の国を大きいとほこり、事実による対応をしない。それで国中くにじゅうれを疑っている。

 またこう言っている、「その国のさかいは、東西南北おのおの数千里で、西のさかいと南のさかいな大きい海へいたります。
 東のさかいと北のさかいは大きい山が有る限りで、山の外は毛野けの上毛野こうづけの群馬ぐんまや(下毛野しもつけの栃木とちぎの人々の国です。」
 

とう王朝の首都だった長安ちょうあん、現在の陝西省せんせいしょう 省都 西安市しょうと せいあんし

 関連記事

秦氏千年の計7 神武東遷じんむとうせん

秦氏千年の計6「二頭のオオカミ」日本国と倭国

いつもありがとうございますm(_ _)m
                  
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識(歴史)へ
歴史の豆知識(歴史)にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA