旧唐書 日本国伝

 『旧唐書くとうじょ』巻一九九上 列伝れつでん第一四九上 東夷とうい日本国伝にっぽんこくでん

日本国者倭国之別種也。以其国在日辺、故以日本為名。
或曰、倭国自悪其名不雅、改為日本。或云、日本舊小国、併倭国之地。
其人入朝者、多自矜大、不以實對、故中国疑焉。
又云、其国界東西南北各数千里、西界南界咸至大海、東界北界有大山為限。山外即毛人之国。
 

 日本国は倭国わこくの別種である。

 「その国は、お日様のほとりに在るので、『日本』と名付けました。」
 あるいは言っている、「『』は「身を曲げて低く」の意味でみやびじゃない悪い名前だから自分で『日本』に変えました。」
 あるいはこう言っている、「『日本』は小さいふるくからの国で、倭国わこく九州の地を併合へいごうしました。」

 そのとう王朝へ入った日本人は、多くが自分の国を大きいとほこり、事実による対応をしない。それで国中くにじゅうれを疑っている。

 またこう言っている、「その国のさかいは、東西南北おのおの数千里で、西のさかいと南のさかいな大きい海へいたります。
 東のさかいと北のさかいは大きい山が有る限りで、山の外はすぐ毛人けひと・きひとの国です。」
 

とう王朝の首都だった長安ちょうあん、現在の陝西省せんせいしょう 省都 西安市しょうと せいあんし

 この「毛人けひと・きひとの国」とは複数の可能性があり、いずれも出雲いづも系と関連付けられる。

●スサノオが自らの「毛」を植えそれが「木」になった木の国・の国・紀州きしゅう、かつての地方行政区分『紀伊国きいのくに』現在の和歌山県・紀伊きい半島、のこと。

●古墳時代の地域・文化圏である『毛野けの』が、2つに分けられた「上毛野かみつけの」旧国名『上野国こうづけのくに』現在の群馬県と、「下毛野しもつけの」旧国名『下野国しもつけのくに』現在の栃木県南部、のこと。
毛野けの』の「毛」も、【スサノオ系=出雲系】の予測が立てられ事実、出雲系の神社が旧『毛野けの』地域には多い。

●古墳時代末の7世紀まで続縄文ぞくじょうもん 文化の生活を続けてきた北海道のまげわない縄文人の情報が、現在の埼玉県・東京都から北海道へ転場てんばした出雲族『土師はじ氏』より大和朝廷へもたらされた物。

●【毛人けひと・きひと=スサノオ=出雲系】とも考えられるため、出雲の人々が転場てんばして作った国々を「毛人けひと・きひとの国」と言った可能性も否定できない。
 

 実際に紀伊国きいのくにに住む人々を「紀人きひと木人きひと樹人きひと」と呼び、

■『万葉集 巻一・五五』

麻裳あさもよし紀人きひとともしも亦打山まうちやま 行きと見らむ紀人きひとともしも

麻裳あさもよし」は、あさ紀伊国きいのくにの特産であったことから「」「紀人きひと」「紀路きぢ」「城上きのへ(地名)」などにかかる枕詞まくらことばである。
紀伊きい産のあさ(女性用ロングスカート)が良い、の国の人はうらやましいものだ。真土山まつちやま亦打山まつちやま)を行き帰りに見ることの出来るの国の人は、本当にうらやましい。
 

 と紀伊国きいのくにの人々やその山は描かれ、和歌にうたわれし山『和歌山』となっています。

■『万葉集 巻三・二九八』

亦打山まつちやま夕越ゆふこえ行きて廬前いほさき角太河原すみたかはらひとりかも宿

大和国やまとのくに紀伊国きいのくに国境くにざかいである真土山まつちやま亦打山まつちやま)を夕方に越えて行き廬前いおざきの、隅田すだ河原かわらに妻もなくひとりさびしく寝ることだろう。
 

 このように『旧唐書くとうじょ』の ❝山外即毛人之国❞ とは、大和国やまとのくにの朝廷からすると、

「(国境くにざかいである)真土山まつちやまの外はすぐ紀人きひと紀伊国きいのくにです。」がしっくり来るでしょう。

和歌山県 真土まつち

 関連記事

秦氏千年の計7 神武東遷じんむとうせん

秦氏千年の計6「二頭のオオカミ」日本国と倭国

いつもありがとうございますm(_ _)m
                  
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識(歴史)へ
歴史の豆知識(歴史)にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA