秦氏千年の計37 飛鳥時代の『廃仏運動』

 敏達びだつ14年(585年)3月、「廃仏派はいぶつは」の物部守屋もののべの もりやは、

 「疫病やくびょうは仏教信仰のせい」として、大連おおむらじの権限を乱用し、

 蘇我馬子そがの うまこ造営ぞうえいした仏舎ぶっしゃりと仏像をみずからの手で焼き払い、焼け残った仏像を集めると「難波の堀江なにわ  ほりえ」へてさせます。
 (現在は引き上げられ、信濃しなの善光寺ぜんこうじ秘仏本尊ひぶつほんぞんとなっている)
 

 さらには、佐伯造御室さえきのみやつこ みむろに命令し、「崇仏派すうぶつは」の蘇我馬子そがの うまこ崇敬すうけいし、日本初の尼僧にそうである善信尼ぜんしんに(当時11歳)ら3人の法衣を奪い裸にして、

 欽明きんめい天皇13年(西暦552年)、百済くだらの第26代 聖明王せいめいおうが日本へ初めて、釈迦仏しゃか ぶつ金銅像こんごうぞう仏経典ぶっきょうてんを献上したとされる場所、「海石榴市つばいち」まで連行し、

 公開で、鞭打ちの刑に処す事件を起こしました。
 (善信尼ぜんしんにはその後、崇峻すしゅん元年(588年)仏法を学ぶべく百済くだらへ渡り3年後に帰国、仏教に貢献こうけんする)
 

百済観音くだら かんのん(木造観音菩薩像)
 

7世紀の彫刻。法隆寺の宝の1つ。

 
 すると、敏達びだつ天皇の様態は急変し、敏達びだつ14年(西暦585年)8月15日、遂には御崩御ごほうぎょあそばされてしまいます。

 敏達びだつ天皇寵臣ちょうしんであった三輪 逆みわの さかう殯宮もがりのみや天皇の葬儀が行われている中、

 「朝廷ちょうていを荒らさぬよう。鏡のようにきよめてたゆらかにおさまるようおみつかえます」としのびごとを読むと、

 隼人はやとの民を集め殯庭もがりのにわ警護けいごさせました。
 

 次の皇位こういに野望をいだ穴穂部皇子あなほべのみこは、そのおごそかな様子に、

 「何故なぜに死せるきみつかえ、生けるきみである自分にお前たちはつかえないのか!」と憤激ふんげきし、

 その上、一月後ひとつきごには大臣の蘇我馬子そがの うまこ推薦すいせんする「崇仏派すうぶつは」寄りの用明ようめい天皇(在位585年ー587年)が即位そくいしたため、

穴穂部皇子あなほべのみこ利害の一致りがい いっちだけで、「廃仏派はいぶつは」の物部守屋もののべの もりやと結ぶことになります。
 

 用明ようめい天皇元年(586年)5月、敏達びだつ天皇皇后こうごう陛下で、後の推古すいこ天皇にあらせられる豊御食炊屋姫尊とよみけかしきやひめは、敏達びだつ天皇もがりの義式を行って居られました。

 もがりとは、御遺体ごいたいが分解し白骨化するまで御家族が見守る日本の古来より行われている葬送儀礼そうそうぎれいで、昭和天皇の葬送そうそうでも行われており、

火の神を産んだ時の火傷が元で黄泉よみの国へかれし妻のカムイザナミの分解せし御遺体ごいたいと、

夫のカムイザナギが御対面されるシーンでご存知のお方も居られることでしょう。
 

 そこへやって来たのが、あの穴穂部皇子あなほべのみこ

 「自分の女になれ!」と乱暴目的で、殯宮もがりのみやに押し入らんとします。
 

仁徳にんとく天皇11年、洪水や高潮を防ぐため難波宮なにわのみやの北の野に水路を掘削くっさくさせた難波の堀江なにわ  ほりえ

 次→ 

秦氏千年の計38 寵臣ちゅうしん三輪 逆みわの さかう

 ←戻る

秦氏千年の計36 荒れる『崇仏論争すうぶつ ろんそう

 関連記事

崇仏論争すうぶつ ろんそう・関連資料

【生の無限性むげんせい】アポロンとディオニュソスの二男神が、日本ではアマテラスとアメノウズメの二女神になる!!【生の有限性ゆうげんせい】(壱の巻)

捨身飼虎しゃしんしこ1【神の中立】と【仏の共感】

アマビエと『まれびと』信仰1

いつもありがとうございますm(_ _)m
                  
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識(歴史)へ
歴史の豆知識(歴史)にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA