秦氏千年の計40 占いで知られる「算命学」は飛鳥時代に伝来していた

 天武てんむ天皇は、兄の天智てんぢ天皇と同じ母親である斉明さいめい天皇皇極こうぎょく天皇、2度御即位たびごそくいあそばすから生まれた同母系兄弟です。

 同じ母系の姉妹しまい兄弟きょうだいは、いにしえよりの「エオト制」にも例えられますから、天智てんぢ天皇天武てんむ天皇の2人が一族の代表であり、

天智てんぢ天皇の跡を継ぐのは弟である天武てんむ天皇であろうと、皆がそう考える状況に有りました。
 

 天智てんぢ3年春(664年)2月9日、天智てんぢ天皇は、弟である大海人皇子おおあまのみこ後の天武てんむ天皇を次の天皇となる東宮大皇弟とうぐう たいこうていに置くと、彼に命じて、

冠位かんいを、氏上このかみ民部かきべ家部やかべを増やし、冠位かんい26階とします。
 

 「白村江はくそんこうの戦い」にやぶれ、海外からの脅威きょういさらされて以降、律令制の導入と中央集権国家を目指した天智てんぢ天皇は、

大化たいか改新かいしん」を行って以来、冠位かんい制度を変更するのは、実はこれが三度目でした。
 

てんあか太陽たいようにするのは日本だけで、天下(地)・東・南・天・てんか   ち    ひがし みなみ てん  西・にし  きた六方ろっぽうを現している。
 

Copyright ©いらすとや. All Rights Reserved.

 
 人間には、生まれによる。

「持つ者」「持たざる者」や「暑い地域に生まれる」「寒い地域に生まれる」、「女性に生まれる」「男性に生まれる」などの違い以外に、

人間に差異さいなど無いのですが、ここに便宜的べんぎてきとは言え、社会に上下関係をもうける儒学じゅがく的な考え方を導入します。

 これが冠位十二階かんい じゅうにかいでした、そしてこの考え方は日本古来には無かった物です。
 

 ですから、十七条憲法じゅうしちじょう けんぽう第一条で、

 『もったっとしとなす』と成し、

詰まり「人間とは上下などの無いたゆらかで知恵と優しさによりぎょされる物」と宣言しました。
 

 「冠位かんい」はまさしく、社会に上下関係をもうける儒学じゅがくの考え方に当たる物で、

日本には儒学じゅがく道教どうきょうが混ざり合った状況で伝わったと云いますから、

 徳・仁・礼・信・とく  にん  らい  しん  義・ぎ ちのように、

 木・火・土・金・もく   か  ど  ごん すいの、五行思想ごぎょうしそうの順番で「徳目とくもく」が並び、とくとは全てのとくを持つ者、

詰まり帝王ていおうですから、世界で最も高貴な色「帝王紫ていおうむらさき」と成り、「冠位かんい」の大・小は、陽・陰よう  いんを表します。
 

算命学さんめいがくとされる鬼谷子きこくしの生まれたの国は、現在の河南省かなんしょう付近と云う

 この考え方は、秦の始皇帝しん  しこうてい徐福じょふく方士ほうしたちに研究させ、皇帝こうていに即位するに際し、最初は伝説の「黄帝こうてい」の尊号そんごうを名乗ろうとしますが、

しかし同じく“黄帝こうてい”の名を持つ仙人せんにんが、房中術ぼうちゅうじゅつによりせいめ、天へとのぼって行きました。

 こちらの“黄帝こうてい”が、栄養ドリンクの「黄帝液こうていえき」です。
 

 秦の始皇帝しん  しこうていは、「私は天を治めるのでは無い、天下を治めるのだ」として「黄帝こうてい」の尊号そんごうは止め、

ここより、五行思想ごぎょうしそうの東西南北と中央のが天と成って六方ろっぽうになり、

 皇帝こうていとして、天下の治世ちせいを行う事と成りました。

 この思想は、算命学さんめいがくなどの占いに現在も影響が強く現れています。
 

 次→ 

秦氏千年の計41 丸に十の字

 ←戻る

秦氏千年の計39 穴穂部皇子あなほべのみこ最期さいご

 関連記事

崇仏論争すうぶつ ろんそう・関連資料

捨身飼虎しゃしんしこ1【神の中立】と【仏の共感】

アマビエと『まれびと』信仰1

いつもありがとうございますm(_ _)m
                  
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識(歴史)へ
歴史の豆知識(歴史)にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA