秦氏千年の計41 丸に十の字

 推古すいこ天皇10年(602年)、百済くだらよりの法師ほうし 観勒かんろく来朝らいちょうし、曆本れきほんおよび、天文地理てんもんちりの書、遁甲方術とんこうほうじゅつの書を朝廷へ献上し飛鳥寺あすかでらとどまり、

陽胡玉陳やこの たまふるなどの書生ふみまなぶるひとを選び、観勒かんろくの元で学ばせ、

推古すいこ32年(624年)、朝廷は観勒かんろく僧都そうず制の導入を望むと、仏教僧ぶっきょうそう尼僧にそうを統括するための僧侶の官職である、日本初の僧正そうじょうへ任じられました。
 

 観勒かんろく来朝らいちょうした翌年、推古すいこ11年(603年)に冠位十二階かんい じゅうにかい制定せいていされますから、関連があったでしょう。

 また、さらに翌年の推古すいこ12年(604年)には、聖徳太子しょうとくたいしにより曆本れきほんが朝廷に採用され、天体の運行に基づいたこよみを導入し期日が統一されます。

 そして、これらのじゅつが後の陰陽道おんみょうどう忍術にんじゅつへと昇華しょうかされて行きました。
 

丸に十の字


これは太陽十字たいようじゅうじまたは車輪十字しゃりんじゅうじと言い、国際的には太陽のシンボルです。
島津しまづの家紋は、馬の口にふくませる「くつわ」に見立てた「丸に十字の轡紋くつわもん」へ、カモフラージュされました。

 
 もう一方の忍術にんじゅつ系譜けいふは、芸能に有ります。

 来朝らいちょうする渡来人とらいじんの中には、ペルシアの大魔術のたぐいや、回遊の芸能者であった「ロマ」ジプシー・ツィゴイナーたちも日本へ来ていたならば、

彼らこそ芸能者がキリスト教を持ち込んだ最初となるでしょう。
 

 人形使いや操り人形自身を示す傀儡くぐつは、「かいらい・でく」とも読みますが、この傀儡くぐつなる言葉がどこから来たのかを考察すると、

日本神話に登場する木の神である「ククノチ・クグノチ」が、木で作られる操り人形を動かし「ククノチ宿やどりし」とした物とも、

渡来人とらいじんが人形を操る棒・スティックを、交差・クロスさせた処から「クロス」が傀儡くぐつに成ったとも言われています。
 

 すなわち「クロス」はイエス・キリストの架けられし十字架を現すのは皆様ご存知の事と思います。

 十字の意匠いしょう秦物はたものと呼ばれ、秦氏はたしの流れを島津しまづ家紋かもんが「十字に丸」なのを皆様ご存知でしょうか、

キリスト教が禁教きんきょうになるまでは、十字と丸は接触せず独立する物でした。

 その島津しまづがキリシタン大名の大友宗麟おおとも そうりん遣り合や あっていたのは面白いですね。
 

飛鳥寺あすかでら

 次→ 

秦氏千年の計42 弥勒菩薩みろくぼさつとダビデ神社

 ←戻る

秦氏千年の計40 占いで知られる「算命学さんめいがく」は飛鳥あすか時代に伝来でんらいしていた

 関連記事

崇仏論争すうぶつ ろんそう・関連資料

【生の無限性むげんせい】アポロンとディオニュソスの二男神が、日本ではアマテラスとアメノウズメの二女神になる!!【生の有限性ゆうげんせい】(壱の巻)

捨身飼虎しゃしんしこ1【神の中立】と【仏の共感】

アマビエと『まれびと』信仰1

いつもありがとうございますm(_ _)m
                  
にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識(歴史)へ
歴史の豆知識(歴史)にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA